kiriya

アクセスカウンタ

zoom RSS 唄を忘れた「犬・狗・戌(Canaria)=カナリア(金糸雀・canaria)」

<<   作成日時 : 2017/07/28 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ・・・ジブラルタル海峡(Strait of Gibraltar・Estrecho de Gibraltar)、ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸を隔てる海峡。北はイベリア半島のスペインおよびイギリス領ジブラルタル、南はモロッコであり、西の大西洋と東の地中海をつなぐ・・・ジブラルタル(Gibraltar)は、イベリア半島の南東端に突き出した小半島を占める、「イギリスの海外領土」でイギリス軍が駐屯・・・
ーー↓↑ーー
 ジブラルタル(Gibraltar)・・・・字部等留他留?
        日巴拉太
        治部良留多留
        日巴拉爾太
        直布罗陀・直布羅陀
        及武刺児達児・厄貌刺児答児
  ↓↑
 711年
 西ゴート王国は
 ウマイヤ朝の
 ターリク・イブン・ズィヤード
 に征服され滅亡
 ムーア人の支配を受けた
 ↓↑
 756年
 後ウマイヤ朝が成立
 1309年
 ナスル朝
 グラナダ王国
 の一部となる
 カスティーリャ王国に
 一時占領
 ↓↑
 1333年
 マリーン朝が奪還
 マリーン朝は
 グラナダ王国に
 ジブラルタルを割譲
 ↓↑
 1333年
 干支は癸酉
 後醍醐天皇 元弘三年
 光厳天皇 正慶二年
     (五月二十五日まで)
 中国
 元王朝 至順四年、元統元年十月八日〜
 ↓↑
 4月9日(正慶二年=元弘三年閏二月二十四日)
 後醍醐天皇が配流先の隠岐を脱出して京へ
 7月16日(元弘三年六月四日)
 後醍醐天皇、京都東寺に帰還
 ↓↑
 カスティーリャ・スペイン領期
 (1462年〜1713年)
 1462年
 メディナ・シドニア公が
 ジブラルタルを奪取し
 750年間に渡るムーア人の支配を終焉させた
 ↓↑
 メディナ・シドニアは
 追放された
 スペイン・ポルトガル系の
 ユダヤ人に
 ジブラルタルの土地を与え
 コンベルソの
 ペドロ・デ・エレアが
 コルドバとセビリアから
 ユダヤ人一団を移住させ
 ユダヤ人コミュニティを建設
 半島を守るための
 駐屯軍を設立
 セファルディム(離散したユダヤ人の
         スペイン・ポルトガルに定住した人々
         その子孫)
 となった
 ↓↑
 ユダヤ人は数年後に
 コルドバか異端審問所に送還
 ↓↑
 フェルナンド2世が
 スペイン王国を打ちたて
 1501年
 ジブラルタルは
 スペイン王国の下に戻った
 同年に
 イサベル1世から
 ジブラルタルの紋章が贈られた
 ↓↑
 八十年戦争中の
 1607年
 オランダ艦隊が
 スペイン艦隊を奇襲
 (ジブラルタルの海戦)
 スペイン艦隊は打撃
 ↓↑
 1701年
 スペイン王位継承で候補者の1人
 カール大公(神聖ローマ皇帝カール6世)
 の即位を後押しする
 オーストリア、イギリス、オランダ
 が
 フランス王ルイ14世
 と
 スペイン王フェリペ5世
 に宣戦布告し
 スペイン継承戦争勃発で
 オーストリア、イギリス、オランダ
 の同盟艦隊はスペイン南岸にある
 港町の襲撃を繰り返した
 1704年8月4日
 ジョージ・ルーク提督率いる
 イギリスとオランダの艦隊の支援の下
 オーストリアの軍人
 ゲオルク・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット
 (ヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ6世の息子)
 指揮下の海兵隊が
 ジブラルタルに上陸
 交渉の末
 住民は自主退去を選択
 海兵隊はジブラルタルを占領
 ↓↑
 フランス・スペイン連合軍は
 ジブラルタル奪回のため艦隊を
 トゥーロンから派遣
 それを阻止しようと
 ルーク率いる
 イギリス・オランダ海軍が迎撃に向かい
 フランス・スペイン海軍は撤退した
 ジブラルタルは
 イギリスに確保された
 (マラガの海戦)
 ↓↑
 イギリス領期(1713年〜)
 1713年4月11日
 ユトレヒト条約の締結
 戦争が終結
 条約で
 ジブラルタルは
 イギリス領
 ↓↑
 アメリカ独立戦争中
 スペインが独立軍の支援にまわり
 1779年から
 ジブラルタルを封鎖
 (ジブラルタル包囲戦)
 イギリス軍は
 1782年
 浮き砲台と包囲兵を撃破し
 包囲網を破り
 翌年にはパリ条約に先立ち
 講和が行われ
 ジブラルタルを解放
 ↓↑
 1805年
 トラファルガーの海戦で
 イギリス海軍の拠点
ーーーーー
 第二次世界大戦で
 ドイツ海軍の「Uボート・潜水艦」が
 このジブラルタル海峡の海中、海底で苦戦したが・・・
 映画「Uボート」の音楽が恰好イイ・・・
 ↓↑
 「ロサンゼルスの戦い
 (Battle of Los Angeles)」・・・???
 「日本帝国海軍」が「LA」を奇襲攻撃・・・???
ーー↓↑ーー
 1942年2月25日
 ロサンゼルスの戦い(Battle of Los Angeles)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
 ↓↑
 第二次世界大戦中
 アメリカ合衆国カリフォルニア州
 ロサンゼルス市で起きた
 アメリカ陸軍による軍事作戦
 日本海軍の艦載機による空襲を誤認した
 アメリカ陸軍が対空砲火を中心とした
 「迎撃戦」を展開???
 ↓↑
 1942年2月25日
 ロサンゼルスの戦い(Battle of Los Angeles)?
 第二次世界大戦中
 アメリカ合衆国カリフォルニア州
 ロサンゼルス市で起きた
 アメリカ陸軍による軍事作戦
 日本海軍の艦載機による空襲を誤認した
 アメリカ陸軍が対空砲火を中心とした
 「迎撃戦」を展開
 ↓↑ 
 1942年5月27日
 プラハで(エンスラポイド作戦)
 ラインハルト・ハイドリヒ
 がイギリス支援の
 暗殺部隊の襲撃を受け
 ハイドリヒが
 6月4日に死亡
 エンスラポイド作戦
 (Operation Anthropoid)
 大英帝国政府と
 チェコスロバキア駐英亡命政府により計画され
 ナチス・ドイツの
 ベーメン・メーレン保護領(チェコ)の統治者
 ラインハルト・ハイドリヒの暗殺作戦
 日本語で
 「類人猿作戦」と訳・・・「猿田比古作戦」?
 ハイドリヒは
 ナチスの秘密警察を束ねる
 国家保安本部の長官
 ↓↑
 1942年6月5日〜6月7日
 ミッドウェー海戦
 日本海軍は機動部隊の
 航空母艦4隻
 艦載機多数を一挙に喪失
 ↓↑
 8月7日
 アメリカ軍、ガダルカナル島に上陸。
 8月24日
 第二次ソロモン海戦
 ↓↑
 10月26日
 南太平洋海戦
 ↓↑
 11月8日
 連合国軍が北アフリカ上陸作戦を開始(トーチ作戦)
 11月9日
 仏ヴィシー政権が北アフリカ上陸作戦に抗議し対米国交断絶
 11月10日
 フランソワ・ダルランヴィシーフランス軍総司令官が
 フランス領アルジェリアのヴィシー政府軍と
 連合軍の休戦協定を結ぶ
 11月11日
 独軍がヴィシー政権統治下のフランス本土を占領(アントン作戦)
 11月12日
 第三次ソロモン海戦(〜11月15日)
 11月22日
 独軍がスターリングラードでソ連軍に包囲さる
 (スターリングラード攻防戦)
 ↓↑
 12月7日
 フランソワ・ダルラン大将がアフリカにおける
 フランス国家元首兼北フランスにおける
 陸海空軍部隊総司令官兼北アフリカ総督に就任
 12月8日
 ニューギニアのバサブア島で日本軍兵800人玉砕
 12月18日
 天龍型軽巡洋艦が
 米潜水艦アルバコアの魚雷が天龍の左舷後部に命中
 沈没
 12月24日
 第81議会召集
 ダルラン大将が暗殺される。
 帝国水産統制(後のニチレイ)設立(日本水産から独立)
 12月31日
 大本営がガダルカナル島撤退を決定
ーーーーー
 ・・・また、トンだ・・・
ーーーーー
画像
 カナリア諸島(Islas Canarias)
 北緯28度06分00秒 西経15度25分00秒
 1483年
 グラン・カナリア島は
 スペイン王国に統合
 アフリカ大陸の
 北西沿岸に近い大西洋上にあり
 モロッコの
 カサブランカの南西
 タルファーヤの西の海上に存在する
 7つの島からなるスペイン領の群島
 カナリアス諸島とも
 諸島全体で
 カナリア諸島自治州を構成
 州都は
 ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア
 (Las Palmas de Gran Canaria)
 グラン・カナリア島のラテン語名
 「Insula Canaria(犬の島)」・・・Canaria=犬・狗・戌
 に由来
 のち複数形
 「Insulae Canariae」
 として諸島全体をさす
 「犬の島」の由来
 かつて生息していた
 アザラシ(海豹・ラテン語で「海の犬」)に由来
 古代ローマの学者
 大プリニウスが
 島に多くの野犬がいることを伝えた・・・
 ↓↑
 アトリ科の小鳥
 カナリア(金糸雀・canaria・カナリヤ)
 の原産地
 語源は「犬(canaria)」
 野生種は
 「Island Canary・Wild Canary
  Tame Canary・Atlantic Canary」
 飼養種は
 「Domestic Canary」
 籠抜けした飼養種が
 バミューダ諸島
 ハワイのミッドウェイ環礁
 プエルトリコ
 で再野生化・・・
 ↓↑
 カナリア
 アトリ(花鶏・臘子鳥・獦子鳥)科ー雀目
 フィンチ (finch)の一種
 ヒワ族
 黄色で染まった個体
 メタンや一酸化炭素、
 窒息ガスや毒ガス早期発見のための警報として飼われた
 野生種、飼養種のどちらも
 セリン
 ズアオアトリ
 同様
 澄んだ美しい声で囀(さえず)る
 ↓↑
 囀=鳥が玉をころがすように続けて鳴く
   さえずる・さえずる。鳥がしきりに鳴く
   テン・セン
 囀=異体字は啭(簡体字)
   テン・さえず-る
   口+車++叀+寸
    専(セン)=ひとすじ・ひたすら
          叀(釣り下げる紡錘)+寸(手の動作)
         =専・專
          何本もの糸を一つにまとめる
          ひとすじ・専(もっぱ)ら)
    鶯囀(オウテン)=鶯(うぐいす)が
             囀(さえず)ること
ーーーーー
 モロッコ
 摩洛哥・馬羅哥・莫羅哥・茂禄子
 ↓↑
 アラビア語の国名にある
 「マグリブ」は、
 「日の没する地・西方」を意味
 「マグリブ」は地域名は
 北アフリカ西部
 モロッコはマグリブの中でも最も「西の果の国」
 中世には
 「アル=マグリブ・ル=アクサー(極西)」とも呼ばれた
 古代には
 沿岸部に
 カルタゴのフェニキア人の港湾都市が築かれた
 ↓↑
 「モロッコ」は、
 以前の首都
 「マラケシュ(ベルベル語で神の国)」に由来
 大アトラス山脈の北に位置
 マラケシュの南45kmには
 北アフリカ最高峰の
 トゥブカル山 (4165m) がそびえる
 町の東側には
 イシル川が流れ
 大西洋に注ぐ
 テンシフト川
 につながる
 ↓↑
 「アブドゥルマリク」
 ウマイヤ朝を再統一
 イスラームの教義で
 ムスリムは十分の一税(ウシュル)のみを
 租税として支払うものの
 ジズヤとハラージュが免除され
 異教徒は、重税の負担
 そのため、異教徒は、次々と
 イスラームへと改宗し、租税の負担を回避
 都市へと流入
 異教徒からイスラームへ改宗した人々を
 マワーリーと呼ぶ
 マワーリーの都市の流入は税の減少を意味した
 第8代カリフ
 ウマル2世(在位は717年〜720年)
 マワーリーの不満解消の改革を実施
 ↓↑
 民族のいかんを問わず、
 イスラームへの改宗を自由に認めた
 ムスリムのミスル(都市)への自由を認めた
 ムスリムには
 一切租税が課されず
 宗教的な義務としての
 サダカを課した
 ミスルに移住した
 マワーリーを官庁に登録し
 俸給(アター)を支給した
 ↓↑
 農村にとどまった
 マワーリーには従来通りの租税を徴収
 ヒジュラ暦100年(718年8月3日〜719年7月23日)以後
 耕地の販売を禁止
 ウマル2世の統治が短かったので
 改革は、ほとんど効果が無かった・・・
 マワーリーは都市への自由を獲得したが
 生計は苦しかった
 農民には、従来通りの租税を課した
 「神の前での平等」ではなかった・・・
 ↓↑
 トルコ語でのモロッコの国名は「Fas」
 1925年までの首都
 フェズに由来する
 ↓↑
 回教徒の尖塔
 ↓↑
 「ミナレット」
 アラビア語で
 「火、光を灯す場所」を意味
 「マナーラ(manāra) ・マナール」
 が英語に転訛
 アラビア語で
 「光(ヌール)・火(ナーラ)」
 から派生
 「アザーンを行う場所」
 を意味する
 「マアザナ」・・・マ−アザナ?・・・眞-字(あざな)?
 と呼ばれることもある
 トルコ語では
 「ミナレ(Minare)」・・・見慣れ・観慣れ?
 と呼ばれ
 エジプトやシリアでは
 「マダーナ(Ma'dhana)・ミダーナ(Mi'dhana)」
 北アフリカでは
 「サウマアー(Șawma'a)」・・・作馬鴉蛙?→鞍馬山?
                差を得
                万を蛙(かえる)
                  鴉(からす)?
                左馬蛙(かえる)會(合)?
 とも呼ばれる
 南アジアでは
 ミーナール (mīnār)・・・見意名阿留?
 と呼ばれ
 日本語では「光塔・尖塔」と訳
 ↓↑
 カサブランカ=「達爾貝達(中国語・支那)」
        「掛差振らん(腐乱)化」?
        「かさ=傘・笠・暈・瘡」ふらんか?
       =「卡薩布蘭卡(別名)」・・・仏蘭西の上下
                      上下は薩摩?
         緯度(異土)はフランスと薩摩に挟まれている
        「卡(ソウ・カ)」=押さえつける
                  上下から挟む
                  カード(券・御札・ふだ)
        (阿爾及利亞=アルジェリア)
        (リビア=利比亜・利未亜・利比亞・利比亞
         トリポリ=的波里・特里波里)・・・
         鳥堀・訳理補理?
 「達爾貝達」・・・他通字掛意経椄?
 「卡薩布蘭卡」・・・掛差通符藍藻(卵巣・乱相)?
ーーーーー
 ・・・???・・・落鳥=ラクチョウ=落潮・落丁・・・

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
唄を忘れた「犬・狗・戌(Canaria)=カナリア(金糸雀・canaria)」 kiriya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる